添付ファイルがある時のビジネスメールの書き方

添付ファイルがある時のビジネスメールの書き方

取引先などに添付ファイルつきのビジネスメールを送らなければならないときには、メールの文面に少し工夫が必要になってきます。
添付ファイルがある場合、いくつかのポイントを押さえて文面を書くことが大切です。
今回は、添付ファイルと一緒に送るメールを書くときのポイントをまとめました。

添付ファイルがある場合のビジネスメールの書き方

添付ファイルがあるときのビジネスメールを書く場合は、以下のようなポイントを押さえておくと相手とのやり取りがスムーズになる可能性があります。

添付ファイルを送る旨や内容を文面に書いておく

添付ファイルつきのビジネスメールを送るときには、文面にファイルを送ることやファイルの内容、ファイル名、拡張子などの詳細を書いておくのがポイントです。
複数のファイルがあるときは、1点ごとのファイル名やファイルの合計数などを記載しておくと、ひと目で添付内容がわかるのでとても親切です。

添付ファイル記載の例

■添付ファイル(2ファイル)
———————————
xxxxxxxx.pdf
・◯◯に関する資料です

◯◯◯.zip
・◯◯のレポートです
———————————

添付ファイルを送る場合のビジネスメールは、添付ファイルのいわば送り状の役割も兼ねています。
文面を読んだ相手が戸惑わないように、送信するファイルの詳細を書いておきましょう。

メールに詳細を書くことで相手が理解しやすくなる

メールに添付ファイルの内容やファイル名などを書くメリットは、受け取った相手がどのようなファイルなのかをすぐに判断できることです。
例えば、電話で話をしていた資料を添付ファイルで送信する場合、その旨を書いておけば相手がファイルの内容を瞬時に理解できます。
また、ファイル名やファイルの合計数を書いておけば、送り主が送信したすべての資料が自分に届いているかどうかが確認しやすいです。

パスワード付きファイルは2回に分けて送る

パスワード付きのZIPファイルなど、ファイルを開く際にパスワードが必要なファイルを送る場合は、セキュリティ的に安全な方法として1回目でファイルを送り2回目でパスワードを送るようにします。
ファイルとパスワードを1回で送ると、万が一メール内容が傍受されてしまった際に一緒に傍受されてしまうため、念のため2回に分けて送るようにすると比較的安全に送ることができます。

大きな容量のファイルは外部サービスを使う

1ファイル数MB程度あるファイルをたくさん送る場合は、一回メールで添付すると数十MBなどになってしまい送信できない可能性があります。
1ファイルごと送るなど数回に分けて送っても良いのですが、何回も送るのは受信者の方が何回も開く必要があったりと、あまり親切な方法ではありません。
そこで、大きなファイルを一回で送信(共有)できるファイル転送サービスなどの外部サービスを使ったほうが良いでしょう。
ファイル転送サービスはいくつもありますが、下記の3サイトなどがあります。

■データ便
https://www.datadeliver.net/

■おくりん坊
https://okurin.bitpark.co.jp/

■ラクスルBOX
https://box.raksul.com/

※サイト(サービス)によって会員登録が必要・不要であったり、無料プラン・有料プランがあったりと異なってきます

容量が大きいファイルを送る際に使えるサービスです。

内容によっては添付ファイルを開いてもらえない可能性もある

ファイルの内容やファイル名をメールに書く場合、内容によっては相手にファイルを開いてもらえない可能性があるのがデメリットです。
メールの文面を読んでまったく興味がわかないときや、さほど重要な内容でないと思われるときには、そのまま未読で放置されてしまうかもしれません。
事前に送付する許可を取っていないパンフレットなどは、未読のまま削除されてしまう可能性もあります。

問い合わせ先を明記しておく

質問があるときの問い合わせ先をメールに書いておくことも、添付ファイルを送るときのポイントのひとつです。
ファイルによっては、メールの送り主と添付ファイルの質問に対応する担当者が異なる場合もあるかもしれません。
送り主が担当者である場合も、念のために問い合わせ先を明記しておいたほうが何かと役立ちます。

問い合わせ先がわかれば受け取った相手が質問しやすい

受け取った相手が添付ファイルについて聞きたいことがある場合、問い合わせ先が明記されていればすぐに質問ができます。
メールに記載されているにもかかわらず届いていない添付ファイルがあったり、ファイル名が違っていたりするときにも問い合わせ先に確認ができるため、万が一間違いがあった場合でも早く気付くことができます。
問い合わせ内容などから、送り主が相手の反応をチェックできるのもメリットと言えます。

まとめ:添付メールの書き方を工夫してスムーズにビジネスを行なおう

添付ファイルがある場合、メールの書き方を工夫すれば相手に興味を持ってもらったり、すぐに内容を確認してもらえる可能性があります。
メールでは必要事項を箇条書きなどを使って簡潔にまとめ、ビジネスをスムーズにおこなうことを目指しましょう。
添付ファイルの拡張子の種類や容量などをあらかじめ先方に確認しておくことも、円滑にメールを送信するためのコツです。

※ご利用規約
・当サイトの例文テンプレートは例文形式となりますので、アレンジを前提にご利用いただけますが、あくまでも例文(サンプル文章)となりますので、内容をよくご確認いただき、お客様のご判断と責任におきましてご利用をお願い申し上げます。
・例文テンプレートの内容関しては、正確性、確実性を保証するものではありません。今後、予告なしに内容を変更または廃止する場合があります。
・当サイトの例文テンプレートデータをご利用いただく場合には、お客様のご判断と責任におきましてご利用をお願い申し上げます。また、例文テンプレートデータ内容を十分ご確認いただきご利用をお願いいたします。
・例文テンプレートデータに関してのトラブルは、当サイトでは一切の責任を負いかねます事ご了承願います。
・当サイトの例文テンプレートの無断転用・転載を禁止します。
・詳細に関してはこちらのご利用規約プライバシーポリシーをご覧ください。

カテゴリー
ビジネスメールのマナーや書き方

関連コンテンツ

ビジネスメールの締めの言葉・終わりの言葉集

ビジネスメールの締めの言葉・終わりの言葉集

ビジネスメールの最後をどうやって締めくくろうか、悩んだ経験はありませんか? また、要件や冒頭の挨拶はしっかり書くのに、最後は簡単な終わりの言葉ですませてしまうことも多いのでは? それまで丁寧な文章を書 …
効率的な引用を使ったメール返信とは?

効率的な引用を使ったメール返信とは?

ビジネスメールでは、効率的なメールのやり取りをするために引用を活用します。 メールを引用することで、相手にとって読みやすく伝わりやすい内容になります。 引用メールは、全文引用と部分引用という方法があり …
ビジネスメール文章の基本構成

ビジネスメール文章の基本構成

ビジネスシーンにおいてメールを書いてやりとりをする機会は非常に多いです。 緊急を要する場合は電話で連絡する形が多くなりますが、社員一人一人にメールアドレスが割り当てられる会社も多く、普段の連絡やお問い …
メルマガ罫線/飾り線/タイトル枠などのテンプレート40選!

メルマガ罫線/飾り線/タイトル枠などのテンプレート40選!

メルマガ(メールマガジン)を送信する際に、文字や記号だけではどうしても無機質な感じになってしまいます。 そこで、線や記号などを組み合わせた装飾文字(デコレーション)を加えて目を引くメルマガや、読みやす …
読みやすいメールを書く際に注意したいポイント

読みやすいメールを書く際に注意したいポイント

メールは文章だけで情報を伝える手段なので、メールを書く際に用件が伝わればそれでよし、と思っていませんか? 電話のように相手の都合などを考えずに出せる点などメリットも多いものですが、書き方に注意しないと …
ビジネスメールのマナー

ビジネスメールのマナー

メールは今やビジネス通信の中心的な存在になっています。 通信速度の速さや発信の手軽さでいうと、これほど便利な通信ツールはありません。 手軽なだけに、ついつい安易に送ってしまった先方に不快な思いをさせて …

タグ