契約解除を伝えるメールの書き方と例文

契約解除を伝えるメールの書き方と例文

自社の都合や取引先の都合で契約期間途中に契約を終了することを「契約解除」と言います。
担当者として、相手先に解約の意思を伝えることは、とても気が重いと思います。
ついつい、曖昧に遠回しな表現を多用しがちですが、言いたいことが伝わっていないメールでは、本末転倒です。
そこで、相手先にも納得していただきさらに、伝えなければならない点はしっかり伝える、メール文例をご紹介します。

相手に受け入れてもらえる言葉選び

様々な事情で「契約解除」という決断に至ったことを相手に伝えることが、メールの全てとなりますが、ただ一方的に解約の意思を伝えるだけでは、相手に対しての配慮がなく今後万が一再取引があったとしても、取引先から声をかけてもらえない可能性も出てきます。
相手を敬い、解約の意思をしっかり伝えることがマナーであり、今まで取引をしてきた相手への最大限の敬意となります。
そこで、相手に受け入れてもらいやすい理由として、
・「社内の諸事情により」などで濁す言い回し
・「力不足により、業務(製品)を今後正確に納品できない」
・「予算(業務)の削減(見直し)」
など自社の都合を前面に出す、当たり障りのない言い回しなどを文章に使うことで、相手に対して失礼のないメールになります。

「契約解除」を効果的に伝えるメール例文_1

件名:今後のお取引について

◯◯株式会社
◯◯ 様

いつもお世話になっております。
株式会社◯◯の◯◯です。

さて、これまで貴社とお取引をさせていただきましたが、誠に勝手ながら
弊社の力不足により今後お取引を続けていくことが難しいという考えに至り、
契約期間途中ではございますが、契約解除をお願いしたく連絡をさせていただきました。

諸般の事情を御賢察くだされば幸いでございます。
契約終了にあたり必要な書類等ございましたら、大変お手数をおかけいたしますがご送付願います。

今後、また機会がございましたら、何卒よろしくお願い申し上げます。
貴社のますますのご発展をお祈り申し上げます。

──────────────────
株式会社◯◯
◯◯部 ◯◯
──────────────────

「契約解除」を効果的に伝えるメール例文_2

件名:契約解除のお願い

◯◯株式会社
◯◯ 様

いつもお世話になっております。
株式会社◯◯の◯◯です。

表題の件に関してですが、弊社業務内容改善の点から◯◯サービスの契約を解除したく連絡いたしました。
勝手ではございますが、次回の更新は見送りさせていただきたく存じます。
事情をご賢察くだされば幸いです。

つきましては、契約終了にあたって必要な書類や手続きなどありましたら、私宛てまでご連絡をお願いできますでしょうか。

今後、また声をかけさせていただくこともあるかと思いますが、その際はよろしくお願い申し上げます。
貴社のますますのご発展ををお祈りしております。

──────────────────
株式会社◯◯
◯◯部 ◯◯
──────────────────

※ご利用規約
・当サイトの例文テンプレートは例文形式となりますので、アレンジを前提にご利用いただけますが、あくまでも例文(サンプル文章)となりますので、内容をよくご確認いただき、お客様のご判断と責任におきましてご利用をお願い申し上げます。
・例文テンプレートの内容関しては、正確性、確実性を保証するものではありません。今後、予告なしに内容を変更または廃止する場合があります。
・当サイトの例文テンプレートデータをご利用いただく場合には、お客様のご判断と責任におきましてご利用をお願い申し上げます。また、例文テンプレートデータ内容を十分ご確認いただきご利用をお願いいたします。
・例文テンプレートデータに関してのトラブルは、当サイトでは一切の責任を負いかねます事ご了承願います。
・当サイトの例文テンプレートの無断転用・転載を禁止します。
・詳細に関してはこちらのご利用規約プライバシーポリシーをご覧ください。

カテゴリー
社外メール 社外メール 辞退・断り

タグ
/

関連コンテンツ

失念のお詫びをするメールの書き方と例文

失念のお詫びをするメールの書き方と例文

失念のお詫びのメールは、ミスに気づいたらすぐに送ることや、丁寧な言葉遣いで謝罪することなどが大切です。 また、メールの終盤に今後についての言葉も添えると、より誠意が伝わりやすいです。 ここでご紹介する …
原稿執筆依頼を断る際のメールの書き方と例文

原稿執筆依頼を断る際のメールの書き方と例文

原稿執筆の断りをメールで行う時、まずは仕事の依頼を頂いた事に対する感謝の気持ちを伝え、断る理由を簡潔に伝えるようにしましょう。 今後も良好な関係性を保てるよう、言葉遣いには注意をし丁寧な表現をするよう …
部下の不手際を上司がお詫びする際のメールの書き方と例文

部下の不手際を上司がお詫びする際のメールの書き方と例文

部下の仕事でミスが発覚した場合、なるべく早く相手先にお詫びのメールを送るようにしましょう。 お詫びの誠意がしっかりと伝わるように、また監督責任の立場として謝罪の意が伝わるように丁寧な文章で記載すること …
接待を断るメールの書き方と例文

接待を断るメールの書き方と例文

取引先や会社内の円滑なコミュニケーションを図る目的で設定される接待ですが、できればお断りしたいという時もあると思います。 そんな時は失礼にならないように意識した文面でお断りのメールを入れましょう。 こ …
新規契約の顧客にアポイントを取る際のメールの書き方と例文

新規契約の顧客にアポイントを取る際のメールの書き方と例文

新規に契約された顧客にアポイントのメールを送る際、相手に不快な印象を与えないようにメールの内容が正確であるとともに、ビジネス文書として体裁を整えることが必要です。 アポイントを取る上で必須の情報や言葉 …
取引先からお中元をいただいた際のお礼メールの書き方と例文

取引先からお中元をいただいた際のお礼メールの書き方と例文

取引先からお中元をいただいた際にお礼のメールを送る際には、何といっても感謝の気持ちが相手にしっかりと伝わるような文面にすることが重要です。 また、単にお中元をもらったということだけではなく、普段から継 …

タグ