転職によるメリットとデメリットとは?失敗しない転職のコツ

転職によるメリットとデメリットとは?失敗しない転職のコツ

今よりもキャリアアップを図るため、会社の労働環境が良くないためといった理由で転職を検討している人は少なくないと思います。
転職活動をスムーズに行うには、転職するメリット・デメリットをしっかりと把握しておくことが大切になってきます。
また、あなたが「なぜ転職をしたいのか?」や「自分にとって良い転職とは何か?」を理解しておくことも大事です。
この記事では収入面や企業規模別などから見た、転職がもたらすさまざまなメリットとデメリットなどについて紹介いたしますので、ぜひ参考にしてみてください。

転職の主なメリット・デメリットは何?

転職する際は、どうしても新しい会社への期待と不安がつきものだと思います。
あなたが「仕事に何を求めているか」によって、メリットやデメリットは変わってきますが、転職する判断として一般的なメリットとデメリットをご紹介します。

メリット(1)「年収がアップする場合がある」

転職先が以前の会社と違って自分の能力を存分に発揮できる環境であれば、以前より収入アップが実現する可能性があります。
また、同じ業務内容でも、大手や外資系の会社や成果主義の会社、またはインセンティブが発生する職種に転職すれば収入が上がることもあるでしょう。

メリット(2)「キャリアアップできる」

転職して今までとは違う企業に入ることによって、新しいキャリアを積むことができます。
新しいキャリアを積むことにより視野が広がったり、技術力の高い会社に入れば専門的なスキルを向上することができます。
スキルが向上し経験や実績を積めば、その分野のスペシャリストになることもできます。

メリット(3)「人事評価や人間関係をリセットできる」

会社の人事評価は、いくら仕事の面で良い結果を出したとしても、一度ついたマイナスのイメージを消すのは難しい場合もあります。
また、仕事内容以前に職場の人間関係が良くないと、ストレスがたまり仕事にも支障をきたすでしょう。
転職をすれば固定された評価や人間関係をリセットすることができて、新鮮な気持ちで新たなキャリアを重ねていけます。

デメリット(1)「転職貧乏になる可能性がある」

所属していた会社を辞めて転職活動をしている最中は、無職なので収入がない状態です。
スムーズに転職先が決まれば問題はないですが、内定がもらえない状態が続くと手持ちのお金がなくなり「転職貧乏」状態になります。
また、転職前後に前の会社のボーナスがもらえない、会社の在籍期間によって左右される退職金や企業年金の金額が減ることも、転職貧乏の一種です。

デメリット(2)「問題点が改善されない可能性もある」

転職の理由が待遇面や仕事内容の場合、どの会社が良い待遇を用意しているのか事前に調べることは比較的簡単です。
しかし、転職の理由が人間関係であった場合、転職先でも同じように人間的に合わないタイプがいないとは限りません。
転職すればそれまでの面倒な人間関係を切ることができますが、また新たな人間関係で悩む可能性もあるのです。

デメリット(3)「ボーナスや退職金が少なくなってしまう」

ボーナスや退職金は在籍期間が長いと多くもらえる企業が多く、転職を繰り返していると貰える金額が少なる可能性があります。
特に退職金に関しては長く在籍していたほうが多く貰える場合が多いので、トータルで見た場合に生涯賃金が少なくなってしまう場合があります。

デメリット(4)「思った会社と違う」

転職した先が必ずしも自分の思っている通りの会社ではないという場合があります。
転職先の仕事内容、また社風などが合わなかったりすると、それを機に転職を繰り返してしまって、なかなか定職に就けないといった事にもなりかねません。
期待をし過ぎない気持ちも大切です。

転職のメリット・デメリット、企業タイプ別に見るとどう違う?

転職のメリット・デメリット、企業タイプ別に見るとどう違う?

転職先候補は大きく分けて大手企業や中小企業、ベンチャー企業などがありますが、それぞれ待遇や仕事をするスタイルなどが異なってきます。
自分にとって合った環境や仕事のスタイルを見つけましょう。

大手企業のメリット・デメリット

大手企業は経営が安定しているので、安定した給与が得られて福利厚生も充実しています。
また、企業としての歴史や実績もあるため、社会的信頼度・ネームバリューが高いのもメリットです。
デメリットは、歴史がある分社風や経営理念が古い・固いため、新しい考えが入りにくい点が挙げられます。
そして、大手は新卒入社を優先することが多いので、転職の中途採用者は組織の輪のなかに入りにくいことが多いです。

中小企業のメリット・デメリット

大手に比べて少人数なので社長・上司・部下の距離感が近く、それほど人間関係が堅苦しくないことが多いのがメリットとして挙げられます。
また、少人数の職場のため、大手のように各セクションごとの了解を得る必要がなく迅速に仕事を進められます。
デメリットは、大手に比べると給与がそれほど高くない・福利厚生も充実していないケースがある点です。
そして、近い人間関係が場合によっては窮屈に感じてデメリットに挙げる人もいます。

ベンチャー企業のメリット・デメリット

メリットは、古い風習にとらわれない仕事のスタイルを取り入れる姿勢です。
新しいことに果敢にチャレンジする企業が多ので、仕事に関しては柔軟性があり自由にのびのびと仕事を進めることができます。
また、そのような姿勢なので、企業として今後の成長が期待できて伸びしろがあることもメリットです。
その反面、業績は決して安定していないのがデメリットに挙げられます。
何かのきっかで急成長が見込める一方、急速な業績悪化の可能性もあるのです。
また、企業によっては人材不足のところもあるので、長時間労働を強いられるケースもあります。

転職の強い味方・転職エージェント!その使い方は?

転職の強い味方・転職エージェント!その使い方は?

転職エージェントとは?

初めて転職活動をする場合、どのように進めていいのかわからない人もいるでしょう。
そんな人には転職エージェントの利用をおすすめします。
転職エージェントとは、転職希望者のニーズに対応した人材紹介サービスです。
転職サイトが求人のみを紹介するのに対し、転職エージェントは求人案内に加えて、キャリアアドバイザーが転職希望者一人ひとりに合わせた的確なアドバイス・サポートをするのが特徴です。
代表的な転職エージェントには、株式会社マイナビが運営している「マイナビAGENT」(マイナビエージェント)、「リクルートエージェント」、「リクナビNEXT」などがあります。

転職エージェント利用の流れ.1「無料登録~面談~求人紹介」

転職エージェントは基本的に無料で登録できます。
登録するには書類に必要事項を記入して郵送、または、ネット経由での登録で、登録完了すればメールや電話で連絡があります。
その後にやることは、実際に担当者であるキャリアドバイザーと会っての面談です。
どんな転職先を希望しているか、このときに話します。
具体的な希望を話したら、次に待っているのは求人案内です。
転職エージェントに登録されている豊富な求人から、希望者に適した求人情報を紹介してもらいます。

転職エージェント利用の流れ.2「応募~面接~内定」

自分の希望に合った求人が見つかったら、次にやることは求人への応募です。
この際も、アドバイザーが応募書類の添削などのサポートをしてくれます。
書類選考が通過したら、面接です。
面接前にもアドバイザーとの模擬面接を行います。
面接を経て無事に内定が決定しても、転職エージェント側は年収交渉や入社日のアフターサービスも行ってくれます。

おすすめ!転職支援サイト・エージェント

転職失敗しないために!転職前に押さえておくポイント

収入アップか環境改善か、どちらを優先するか決めておく

転職先の候補となる企業は、大手や中小、ベンチャー系などさまざまな企業が対象になるでしょう。
この場合、自分の希望を満たしてくれるのはどこか、そして、自分の希望とは何かを明確にしておくことが大事です。
給与が安定して福利厚生が充実しているところを希望しているなら大手、堅苦しい上下関係がなくのびのびと自由に働けるところがいいならベンチャー系といった感じで、自分の希望をはっきりさせると求人を絞りやすくなります。

外資系企業は「成果主義」なのを覚えておこう

キャリアップを目指して外資系企業に転職を希望している人も少なくありません。
この場合、日本の企業とは社風が違うことを念頭に置いておきましょう。
外資系企業の特徴はドライな成果主義・実力主義な点です。
日本の企業のように教育制度が発達していないところが多いため、自発的に行動して学ぶことが要求されます。
そして、成果を上げれば収入にダイレクトに反映されますが、成果が出なかった場合は簡単に解雇されるケースもあるでしょう。
企業に属していながら個人事業主のような気持ちで働くことが、外資系では重要です。
自分の実力を試したい、キャリアアップを達成したいと野心が強い人は、外資系企業が向いているでしょう。

まとめ:自分が仕事に求めるものを明確にして、転職を成功させよう!

転職を失敗しないためには、自分が仕事に求めるものを明確化しましょう。
また、転職をしてスキルアップや待遇の改善、働き方の充実を得るようにするには、まずは自分にとって転職することのメリット・デメリットそれぞれを把握してじっくりと考察することも大切です。
そのためには、まずは行動することから始まります。
自分でなかなか行動出来ない場合や、適切な転職先がどうしても自分ではわからない場合は、転職エージェントを利用するもいいでしょう。
転職に関するあらゆることに精通しているプロのアドバイザーが、的確なサポートをしてくれます。

※ご利用規約
・当サイトの例文テンプレートは例文形式となりますので、アレンジを前提にご利用いただけますが、あくまでも例文(サンプル文章)となりますので、内容をよくご確認いただき、お客様のご判断と責任におきましてご利用をお願い申し上げます。
・例文テンプレートの内容関しては、正確性、確実性を保証するものではありません。今後、予告なしに内容を変更または廃止する場合があります。
・当サイトの例文テンプレートデータをご利用いただく場合には、お客様のご判断と責任におきましてご利用をお願い申し上げます。また、例文テンプレートデータ内容を十分ご確認いただきご利用をお願いいたします。
・例文テンプレートデータに関してのトラブルは、当サイトでは一切の責任を負いかねます事ご了承願います。
・当サイトの例文テンプレートの無断転用・転載を禁止します。
・詳細に関してはこちらのご利用規約プライバシーポリシーをご覧ください。

カテゴリー
コラム・ハウツー

タグ
/

関連コンテンツ

失敗しない転職のために!転職活動の始め方

失敗しない転職のために!転職活動の始め方

大きな希望を持って転職したにもかかわらず、想像していた仕事内容とまったく違っていたり思ったよりスキルが生かせない、前の職場より労働環境が悪いなど、再就職に失敗する事態は避けたいものです。 転職を決めた …
IT業界に転職したい!でもなぜそうなのか改めて考えてみよう

IT業界に転職したい!でもなぜそうなのか改めて考えてみよう

AIや5G、キャッシュレスシステムなど、IT企業に関するトピックには事欠きません。 さまざまな産業の構造が変化するなか、消去法的に伸びしろがあって売り手市場になっているIT業界を転職先として検討する人 …
好印象にみせる履歴書の「自己PR」の書き方

好印象にみせる履歴書の「自己PR」の書き方

履歴書は転職活動における応募書類の1つであり、企業の採用担当者との最初の接点です。 書類選考をパスしない限り、次のステップには進めないため、履歴書を通して自分の魅力をしっかり伝えることが大切です。 履 …
転職エージェントとは?転職サイトとの違いや役割、仕組みをご紹介

転職エージェントとは?転職サイトとの違いや役割、仕組みをご紹介

転職活動中の方によく利用される転職エージェントですが、どういうサービスなのかよく分かっていない方もいるかもしれません。 転職エージェントは、転職をする際に使うと非常に便利なサービスですが、どういうもの …
転職や退職をする際に行っておきたいこと

転職や退職をする際に行っておきたいこと

転職や退職をしたいと思ったときにすべきなのは、その時点での勤務先をスムーズに退職できるように準備を進めることです。 退職後も、どこかで前職の関係者と接点を持つ可能性があるため、トラブルなく、また、上司 …

タグ