失敗しない転職のために!転職活動の始め方

失敗しない転職のために!転職活動の始め方

大きな希望を持って転職したにもかかわらず、想像していた仕事内容とまったく違っていたり思ったよりスキルが生かせない、前の職場より労働環境が悪いなど、再就職に失敗する事態は避けたいものです。
転職を決めたときから、すでに転職活動は始まっています。
転職したい理由を明確にし、しっかり計画を立てて転職活動を行いましょう。
ここでは、転職を成功させるための転職活動の始め方について解説します。

転職するまでの流れや転職する期間を決める

転職するまでの流れ

転職に失敗しないためには、実際に求人に応募する前に、入念な準備を進めることをおすすめします。
なお、一般的な転職までの流れは、次の通りです。

  • 【応募前の準備】
  • ・転職をすると決める
  • ・転職理由の明確化、自己分析
  • ・応募先の検討、情報収集、企業研究
  • ・在職している場合は退職の準備も進める
  • 【実際の転職活動】
  • ・応募書類の作成
  • ・求人応募、応募書類の提出
  • ・面接(書類選考合格後)
  • ・内定、入社

関連記事:転職や退職をする際に行っておきたいこと
関連記事:好印象にみせる履歴書の「自己PR」の書き方

転職活動というと、実際の応募段階のことに気を取られてしまいがちですが、事前準備をしっかり行うことも重要です。
そのためには、まずは転職したい理由を明確にしましょう。
ただやみくもに転職活動をしても、自分の希望に合った転職先は見つかりません。
自分のスキルを試したい、専門性を高めたい、未経験の業界の仕事に挑戦したいなど、転職活動をする上での方向性を決めることが大切です。

転職までの期間

転職までの期間

転職活動にかかる期間は、一般的に3~4カ月といわれています。
この数値はあくまでも平均であるため、実際に転職が決まるまでに必要な期間は、個人差があって当然です。
したがって、3~4カ月のうちに転職が決まらなくても焦る必要はありませんが、1つの目安として頭に入れておきましょう。

また、応募してから内定が出るまでの期間の目安は約1カ月です。
仕事をしながら転職活動をしている場合、具体的な入社日は、転職先の採用担当者と相談して決めます。

在職中に転職活動をしている人は、同時に現勤務先の退職準備も進めなければなりません。
退職を申し出るタイミングは、1カ月前、2週間前など、企業により異なります。
現勤務先の就業規則を確認し、規定に違反しないように注意しましょう。

さらに、退職前に、次の担当者へすべての業務を引き継がなければ、会社に迷惑をかけるだけでなく、転職してからも前職の関係者から連絡が来る場合があります。
したがって、引き継ぎ期間も考慮すると、できるだけ早めに直属の上司に退職を申し出るのが理想です。
退職に際し、万が一トラブルになると転職先への入社が遅れたり、最悪の場合は契約違反で提訴されたり、などのリスクが考えられます。
気持ちよく退職して、新しい職場で仕事ができるように、規則・マナーを守って円満退職を心がけましょう。

退職後、すぐに転職先で働き始めたい人は、これらの事柄を考慮し、退職日を決めてから転職活動のスケジュールを立てることをおすすめします。

どんな仕事に就きたいかなど自己分析を行う

転職活動をする上での方向性が決まり、活動から再就職までにかかる期間を把握できたら、自分がどのような仕事に就きたいかを具体的に検討します。
そのためには、自己分析をしっかり行うことが重要です。

自分の長所・短所に気づき適職を見つける

どのような仕事に就きたいかを検討する上で、具体的な職種や業界の名前がわかってきたら、自分に適した仕事であるかを考えてみましょう。
まずは自分の長所をリストアップして、強みを見つけることが大切です。
自分の強みに気がつくことで、適性のある職種や業界が明確になることもあります。
また、応募書類の作成時に自己PRを書きやすくなるので、自己分析はじっくり時間をかけて行うのがおすすめです。

自分の長所がよくわからない、うまく言葉で表現できない、といった場合は、身近にいる家族や親しい友人に聞くのも1つの方法です。
客観的な意見を述べてもらえるので、新たな自分の魅力に気づき、適職を見つけられる可能性もあります。

同様に、短所もリストアップし、自分に足りないところやなおすべきところを把握しましょう。
自分の欠点を応募書類に記載したり、面接であえて話したりする必要はありません。
自分の性質を理解する、弱点の克服を目指すなどに役立てましょう。

具体的な職種・業界を選定し、応募先をしぼりこむ

自分の長所・短所を把握し、適職が見えてきたら、具体的な応募先(会社名)を選定する段階です。
応募先を決めるにあたって、自分のやってみたい仕事、興味のある仕事に従事できる職場が理想でしょう。
一方、企業の立場からすると、仕事ができる人材かが問題であり、応募者がやりたいかどうかは、さほど重要ではありません。
つまり、転職者には即戦力が求められるため、やる気があるだけで転職するのは困難です。
そのため、自分にできることや、転職先で生かせるスキルを把握した上で、自分に合っている職種や業界を選ぶことをおすすめします。
また、具体的な応募先を選定する際は、業務内容だけでなく、労働環境・条件・待遇などもきちんと確認しましょう。
いくらやりたい仕事であっても、前職よりも収入が減る、社風がよくない、福利厚生が充実していない、などのマイナス面があると、転職に失敗したと感じることがあります。

転職したことを後悔しないためにも、応募先選びで譲れないポイントを決めておきましょう。
そうすれば、応募先選びで迷ったときも、しぼりこみやすくなるメリットがあります。

応募を検討している企業の情報方収集・分析を行う

応募を検討している企業の情報収集・分析を行う

応募先のしぼりこみがある程度できたら、その企業および業界に関する情報を収集して、企業分析・業界研究を行いましょう。
応募を検討している企業の事業内容や、取り扱っている製品・サービスをはじめ、企業理念、創業者の考えなど、さまざまな情報を収集し企業が必要としている人材を把握します。
その上で、企業風土が自分に適していて、かつ、企業の求人内容が合うようなら、実際に応募する企業の候補に入れましょう。
企業分析を行うと、応募を検討している企業が本当に自分に合っているかを見極めるのにも役立ちます。
会社名やイメージだけで応募先を選定すると、転職後に、こんなはずじゃなかったと後悔することにつながるので、興味を持った企業の情報収集と分析をしっかり行いましょう。
また、応募を検討している企業が属する業界の動向も、併せて確認することをおすすめします。
企業自体に将来性や成長性があるかを見るのはもちろん、属している業界が今どのような状況であり、将来の展望がどう予測できるかも把握しましょう。
特に、未経験の業界に属する企業への応募を検討している人は、業界の動向について多くの情報を収集し、自分に合っているかも含めて研究してください。

また、現在成長中の業界であれば、求人も多く転職できる可能性が高まります。
人材を数多く必要としている企業の求人であれば、業界未経験でも採用されるチャンスが広がるかもしれません。

さらに、業界研究を進めているうちに自分に合う企業が新たに見つかった、A社で不採用となったが同じ業界に属するB社に内定した、などにつながる可能性もあります。
したがって、応募先の企業だけでなく、業界という、少し広い視点で研究・分析をすることも大切です。

転職サイトや転職エージェントを使った転職方法

転職を決めたものの、自分1人で活動するのを不安に感じる、仕事をしながらなので効率よく転職活動を行いたい、といった人には、転職サイトや転職エージェントを活用することをおすすめします。
転職サイトや転職エージェントは、転職希望者と企業の採用担当者とのマッチングを行うサービス機関です。
転職サイトや転職エージェントを活用すると、希望に合う求人の紹介、給与交渉、応募書類の作成、面接対策など、実践的な転職活動を行うにあたって、丁寧なサポートが受けられます。

特に、在職中に転職先を探す場合は、就業時間中に思ったように活動できなかったり、早期に転職できなかったり、などに悩むことも多いでしょう。
転職サイトやエージェントを活用すると、自分に代わって求人検索、給与や条件交渉をしてもらえたりするほか、内定獲得のための応募書類作成方法や面接対策について、転職のプロから指導を受けられます。
したがって、転職活動の効率が上がり、さらには転職の成功率が高まると期待できます。
また、初めて転職活動をする人、自力で転職先を探しているが、よい企業や業界がなかなか見つからない人なども、転職サイトやエージェントのサポートを受けるのがおすすめです。
関連記事:転職エージェントとは?転職サイトとの違いや役割、仕組みをご紹介

おすすめ!転職支援サイト・エージェント

入社後のアフターフォローをしてもらえるメリットも

転職サイトや転職エージェントには、キャリアアドバイザーと呼ばれる、転職活動をサポートしてくれるスタッフが配置されています。
キャリアアドバイザーは、転職希望者の仕事探し、面接の設定、応募書類の作成方法や面接対策の指導などを行います。
エージェントによっては、キャリアアドバイザーが転職希望者の採用面接に同行する場合もあり、非常に心強い味方です。
さらに、転職希望者の内定が決まると、入社準備のサポートをしたり、入社後のアフターフォローをしたりするのもキャリアアドバイザーの仕事です。
そのため、万が一、再就職後に困ったことやトラブルが発生した際に、転職サイトやエージェントを利用した転職であれば、問題解決に向けたサポートを受けられるメリットがあります。
転職後にアフターフォローが受けられるのは、転職サイトやエージェントの大きな特徴です。

まとめ

前職を辞めたくて何となく転職した、応募先をよく調べずに入社したらイメージと違ったなど、転職に失敗した事例は数多くあります。
自己分析や企業研究が足りなかった、求人情報に記載されていた労働条件と内容が異なっていたなど、失敗の理由はさまざまですが、ノウハウを知らないことも大きな要因の1つです。
転職には情報集めと行動が必要となりますが、失敗したくない人には、転職エージェントを活用して、効率よく、かつ成功率の高い転職活動を始めてみるのもよいでしょう。

※ご利用規約
・当サイトの例文テンプレートは例文形式となりますので、アレンジを前提にご利用いただけますが、あくまでも例文(サンプル文章)となりますので、内容をよくご確認いただき、お客様のご判断と責任におきましてご利用をお願い申し上げます。
・例文テンプレートの内容関しては、正確性、確実性を保証するものではありません。今後、予告なしに内容を変更または廃止する場合があります。
・当サイトの例文テンプレートデータをご利用いただく場合には、お客様のご判断と責任におきましてご利用をお願い申し上げます。また、例文テンプレートデータ内容を十分ご確認いただきご利用をお願いいたします。
・例文テンプレートデータに関してのトラブルは、当サイトでは一切の責任を負いかねます事ご了承願います。
・当サイトの例文テンプレートの無断転用・転載を禁止します。
・詳細に関してはこちらのご利用規約プライバシーポリシーをご覧ください。

カテゴリー
コラム・ハウツー

タグ
/

関連コンテンツ

転職によるメリットとデメリットとは?失敗しない転職のコツ

転職によるメリットとデメリットとは?失敗しない転職のコツ

今よりもキャリアアップを図るため、会社の労働環境が良くないためといった理由で転職を検討している人は少なくないと思います。 転職活動をスムーズに行うには、転職するメリット・デメリットをしっかりと把握して …
転職エージェントとは?転職サイトとの違いや役割、仕組みをご紹介

転職エージェントとは?転職サイトとの違いや役割、仕組みをご紹介

転職活動中の方によく利用される転職エージェントですが、どういうサービスなのかよく分かっていない方もいるかもしれません。 転職エージェントは、転職をする際に使うと非常に便利なサービスですが、どういうもの …
転職や退職をする際に行っておきたいこと

転職や退職をする際に行っておきたいこと

転職や退職をしたいと思ったときにすべきなのは、その時点での勤務先をスムーズに退職できるように準備を進めることです。 退職後も、どこかで前職の関係者と接点を持つ可能性があるため、トラブルなく、また、上司 …
好印象にみせる履歴書の「自己PR」の書き方

好印象にみせる履歴書の「自己PR」の書き方

履歴書は転職活動における応募書類の1つであり、企業の採用担当者との最初の接点です。 書類選考をパスしない限り、次のステップには進めないため、履歴書を通して自分の魅力をしっかり伝えることが大切です。 履 …
IT業界に転職したい!でもなぜそうなのか改めて考えてみよう

IT業界に転職したい!でもなぜそうなのか改めて考えてみよう

AIや5G、キャッシュレスシステムなど、IT企業に関するトピックには事欠きません。 さまざまな産業の構造が変化するなか、消去法的に伸びしろがあって売り手市場になっているIT業界を転職先として検討する人 …

タグ